2019-02-10

読書を習慣に

昨年の秋頃から読書に嵌っています。

それまでは気が向いたら雑誌や写真が多めの実用書を読む程度で、まったく読まない月もあるくらいで。
そんな私が読書にハマったのは、娘が図書館で借りてきた「ちはやふる」を読んでみようかな、と思ったのがきっかけです。



ちょうどシリーズ最後の「結び」が映画で公開されるとかで、前作もTVで放送されてたりして、話題になっていた時期でもありました。
文庫本を借りてきてたのですが、読みやすそうなサイズ感で、読み出したら面白くて、文章自体も読み易くて、思ったよりも短い時間で読み終えました。

たまたま読んだ「ちはやふる」が「上の句」で、当然「下の句」があり。続きが気になったのもあって、その後の「結び」まで3冊とも読みました。

  

でも実は、「下の句」を読み終わり、図書館で予約した「結び」が手元に来るまで、少し時間があいてしまったんですよね。
2冊の本を調子よく読んだ私は「結び」が来るまでにも何か読みたい気分になっていて。
自宅に揃えてあった上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」の短編集を読むことにしました。

 

長編の小説を読み切る自信はないけれど、短編なら気軽に読める。と思って読み始めたのですが、読むとやはり本編も読みたくなります。
そういえば、今年の目標にこの「守り人シリーズ」を読破する!というのがあったなと思い出し、一から読み直す事にしたのです。

以前は途中で挫折した「守り人シリーズ」の読破、今回は最後まで辿り着きました!
間に図書館で借りた本を挟みつつ、守り人シリーズを読み切った時には、すっかり読書が習慣化していました。

読書が習慣になってくると、少し時間があると何か読みたくなる。というか、何か読んでないと落ち着かない(笑)
ダラダラとネットサーフィンするよりは、有意義に過ごしている気がするのも良いですね。

この3連休も家でまったり読書を楽しんでいます♪




0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログについて。

この春、高校生になる娘の「さくら咲く」とは大学受験、ちょうど私もその頃には五十路が見えてくるお年頃、「その先に。五十路」なんですよね。 40代半ばになり、人生も折り返し地点。いろいろと思う事が増えてきました。 そんな日々を徒然なるままに綴っていけたら良いなと思...