2019-03-13

新しいパートさんが入って初めてのシフトと上司の態度に思う事。

募集はしているけど、なかなか採用まで至らない、という記事(パートはツライよ。シフトの増減 2019-02-19)を書いた途端、新しいパートさんが入ってきました。

今回は、新しいパートさんが入ると気になる、シフトの話や上司の態度に思う事など書いてみたいと思います。





今回入った方は、私と同年代の主婦の方です。
ブランクも長いので、そんなにガッツリとシフトに入りたいという感じでもなく、週に2~3日短時間からのスタートみたい。

しかも私たち既存のパートと希望時間、曜日が重ならない方です!
あまり勤務時間が重ならないので、どんな感じかわかりませんが、続けてくれると良いなぁ。

と言うのも、私が入社してから採用されたのが3人目なのです。
1人目は私と同時期に入った大学生くらいの女の子。2ヶ月目には辞めてしまいました。
2人目は若い男の子。研修3日目には辞めてたので(苦笑)


そして、新人パートさんが入って気になるのがシフト。
初のシフトが出た今月は、いったいどうなっているのでしょう!?

私の勤務にも少し影響が出るのかな?と思ったけれど、まったく影響を感じません。
シフトを作成する前に室長から、1か月に何時間とか週何日という希望を再確認されていて、その通りになっていました。
既存のパートを気遣ってシフトを作成してくれたようで、有難いですね。

新しい人が入った時のシフトや、普段のシフト変更など、ちょっとした事でも私たちパートは、上の人からどう思われているかを察知してしまいます。
少し気遣いを感じるだけでもヤル気は継続するのです。

逆に雇ってあげてる、シフトに入れてあげている、という態度だと、もう辞めてもいいよ!と思ってしまう事もあるのに、残念ながら前職のようにわかってない上司もいるのですよね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログについて。

この春、高校生になる娘の「さくら咲く」とは大学受験、ちょうど私もその頃には五十路が見えてくるお年頃、「その先に。五十路」なんですよね。 40代半ばになり、人生も折り返し地点。いろいろと思う事が増えてきました。 そんな日々を徒然なるままに綴っていけたら良いなと思...