2019-03-30

高校生になる娘の反抗期。友達付き合いとの関係性と母の対応は?

この春、高校生になる娘の反抗期のお話です。






娘の場合、 小学校の中学年くらいから中間反抗期に入り、そのまま引き続き高学年になって反抗期に入った感じです。小学5~6年の間は、毎日バトルの日々だったけど、中学生になって少し落ち着きました。

後から娘が話してくれたのですが、小学校4年生頃から学校での友達関係などもいろいろあり大変だったみたいです。
中学に入学してからは、自分でも気を付けて、上手に友達と付き合えるようになり精神的にも落ち着いてきたのかもしれません。

また、私が言いたい事をグッと我慢して、あれこれ言う量を減らしたのも良かったのかなと思います。
宿題などやらないといけない事をしないから口を出すのだけど、私から言われたらやりたくなくなるようで。言っても言わなくても、やらない事には変わりない。結局、自分でやろうと思うしかない。

今は、する事を忘れないように声かけする程度で、完全に口を出さないようにしたいのですが、忘れてしまうのでリマインドはしている感じですね。

ここの所、反抗期も落ち着いていますが、高校に入学して新たな人間関係や大学受験に向けての勉強などでストレスがたまってくるとどうなるか分からない部分もあります。
つかず離れず、上手く娘と距離をとって付き合っていきたいなと思いますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログについて。

この春、高校生になる娘の「さくら咲く」とは大学受験、ちょうど私もその頃には五十路が見えてくるお年頃、「その先に。五十路」なんですよね。 40代半ばになり、人生も折り返し地点。いろいろと思う事が増えてきました。 そんな日々を徒然なるままに綴っていけたら良いなと思...