2019-05-15

ものすごく気に入っていた美容院から違うお店に変えた話

私の住む辺りは美容院激戦区?なのか、徒歩5分圏内に 美容院が5件以上あります。 引っ越してすぐに、いくつか行ってみて、ここ数年はその中の一つの美容院に決めて通っていました。
今回、ずっと担当してくれていた方が退職されたので、思い切って美容院を変えることにしました。
雰囲気も大好きだった美容院なので、そのまま通い続けても良さそうなものなのに、他の美容院を探そうと思った理由は何だったのでしょうか?


今まで通っていた美容院は、担当の方が癒し系の女性で、髪を洗うスペースもリラックス出来る空間で、とても気に入っていました。

でも、私の担当さん以外の男性のスタイリストさんが、どうも愛想良くない。
自分のお客さん(若い女性やマダム系)とは楽しそうに話してたりするのに、私みたいな普通のおばチャンは、あまり対応したくないように感じられたんです。

娘を連れて行った時も、私の担当さんがお休みで他のスタイリストさんだったのですが、会話もなく無言で切ってたようので、ちょっとコレはないなーと思って。
普通のおばチャンや子供を雑に扱うようじゃダメですよね。おばチャンは、年齢を重ねている分、自分や子供が雑に扱われているのを敏感に感じ取るのよね。
しかも今は、若い人より中高年の方が人口多いし、子供は育つとお客さんになるのにな。

店長(オーナー)でさえ、そんな感じなので、だんだんお客さんが減ってきたのか、数人いたアシスタントさんもいつの間にか居なくなり、お店の活気も失われていくようでした。
そういう雰囲気になってきたので、私も担当の方が退職するのなら、新しい美容院を探してみようかな?という気になったのです。


そして先日、違う美容院へ行ってきました。1年くらい前に出来たばかりで、前から気になっていたお店です。
店員さんは若いけど、みんな感じ良くて、カットやカラーの技術面も問題なし。今までの美容院より少し遠いくらいで、なかなか良いお店でした。
思い切って美容院を変えてみて良かった。たぶんリピします!



0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログについて。

この春、高校生になる娘の「さくら咲く」とは大学受験、ちょうど私もその頃には五十路が見えてくるお年頃、「その先に。五十路」なんですよね。 40代半ばになり、人生も折り返し地点。いろいろと思う事が増えてきました。 そんな日々を徒然なるままに綴っていけたら良いなと思...