2019-08-04

試練の夏、子離れを少しずつ

夏休みが近づいた頃から、私のまわりでもお子さんが短期留学などに行かれるという話をチラホラ聞いていました。
我が家でもこの夏、娘が海外に行っていて半月ほど不在。
娘のいない間、何をしよう?



「子供がいなかったらラクなんじゃない?」と妹に聞かれたけど、そんな事はない。
夫は居る訳だから(当たり前)、別に家事が減る訳でもなく、パートの仕事もなぜかいつも以上に入っているので、普段通りの生活だ。

仕事中はそれほど気にならないけれど、帰宅して夫が帰るまでの一人の時間は、今頃どんな様子だろうかと娘の事が気になって仕方ない(苦笑)

ついつい連絡してしまいたくなるけれど、せっかく親から離れて生活しているのだから、こちらからはあまり連絡しないよう、我慢、ガマン。。。
私にとっては試練の夏休みとなっている。


その昔、私がまだ学生の頃に海外旅行へ出かけていた間、母も同じような気持ちだったのだろうか。
まぁ、あの人は、私ほど心配していなかったと思うけれど。

歳が離れた弟がいたので、私の事は基本的に放置気味だったし(おかげで好きなように出来たというのもあるけど)、今思えば、母が私の事を心配するのは「父に怒られないようにする」という点においてだけ、私の事というよりは母自身のためだったのではないのかとさえ感じる。


とは言え、学生時代(特に高校を卒業して専門学校に通っていた頃)は本当に楽しかったし、あの時期に自由でいられて良かった。
娘もあと2年もすれば高校を卒業するのだから、少しずつ手を放していかなければならないのかもしれない。

この夏、海外で親から離れて自由を感じているだろう娘。寂しいけれど嬉しいその成長を喜び、少しずつ子離れできるよう、私も心の準備を進めていこう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログについて。

この春、高校生になる娘の「さくら咲く」とは大学受験、ちょうど私もその頃には五十路が見えてくるお年頃、「その先に。五十路」なんですよね。 40代半ばになり、人生も折り返し地点。いろいろと思う事が増えてきました。 そんな日々を徒然なるままに綴っていけたら良いなと思...