2019-11-16

高校生の子の進路、干渉する?放任する?

高2の科目選択の締め切りが近づいてきました。
先生との面談があったりして、友達同士でも選択科目や希望する大学についての話題になる事も多いようです。

やはりそれぞれのご家庭によって、考え方や方針が違いますね。
高校生の子の進路、干渉する?放任する?
放任された私自身が、娘の進路には干渉している理由とは?







私の親は、受験料がもったいないと言って、高校受験も公立1校しか受けさせてくれず、もちろん高校卒業後の進路についても放任でした。
学校で進路の話があり、親に大学に行きたいと言うと「〇〇大学以上じゃないと」と言われただけ。
今のみたいにネットで情報収集するのが当たり前ではない時代、調べる手段もわからない。
結局、大学や大学受験についての知識や情報が得られないまま、友達が行くと言った専門学校に進学を決めました。
専門学校の学費は、私が高校時代にアルバイトして貯めたお金と専門学校に行きながらアルバイトで稼いで支払ったので、自分で決めて自力で通ったという感じです。



高校生の子の進路、我が家はガッツリと私が調べて干渉していますが、娘の学校の話を聞いていると、子供に任せて放任のご家庭もあるのだとか。

私は自分の経験上、もう少し親がアドバイスや金銭面での負担してくれたら、せめて私立高校の受験料だけでも払ってくれてたら、公立高校のランクも下げる事がなかっただろうし、学歴だけでなく人生も変わっていたと思っている。

自分の人生だから、子供自身が決めるべきかもしれない。けれど、まだ高校生。知っている世界が狭いので、親が調べたり金銭的負担をして選択肢を広げてあげても良いのではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログについて。

この春、高校生になる娘の「さくら咲く」とは大学受験、ちょうど私もその頃には五十路が見えてくるお年頃、「その先に。五十路」なんですよね。 40代半ばになり、人生も折り返し地点。いろいろと思う事が増えてきました。 そんな日々を徒然なるままに綴っていけたら良いなと思...